コミュくんによる学科案内

情報コミュニケーション学科のマスコットキャラクターのコミュくんが、 学科について案内します。

クリエーションコア

研究室案内

質問に答えたり、研究室名を選ぶことで、 コミュくんが研究室の紹介をします。
以下のリンクをクリックすることで案内を開始します。

質問に答えて研究室を案内してもらう

好きな科目や関心のあるキーワードなどに関する質問に答えると、 コミュくんが適切な研究室を紹介します。
まだはっきりと興味のある研究室が決まっていない場合は、こちらからどうぞ。


興味のある研究室を案内してもらう

興味のある研究室を選ぶと、 コミュくんがその研究室について紹介します。
具体的に興味のある研究室が決まっている場合は、こちらからどうぞ。


コミュくんが誕生するまで

コミュくんは、 情報コミュニケーション学科の学生から応募された 全21件の作品の中から、厳正なる審査を経て選ばれました。

採用作品の作者は、 モバイルコンピューティング研究室 M1 吉原大貴君です。

受賞理由としては、
  1. コミュニケーション学科のコンセプト「繋がり」に相応しい
  2. ほっぺのライトが社会を明るくするイメージが浮かぶ
  3. シンプルなデザインなので、応用が効く
が挙げられました。


コミュくんの舞台裏

ここでは、コミュくんによる学科案内が どのような技術により実現されているかについて紹介します。

エージェント技術による研究室案内

エージェント技術
タブレット端末に搭載されているエージェント(人工知能)は位置情報と端末の向きを基に、 案内する研究室の前に来たらプラズマディスプレイとつながっているコンピュータにメッセージを送信します。 プラズマディスプレイは受信したメッセージを基に項目を選択し、表示します。 上記を繰り返すことで、研究室を紹介しています。

Wi-Fi信号受信強度を利用した位置推定技術

位置推定技術
端末の位置推定には、Wi-Fi信号受信強度を利用しています。 各研究室にはWi-Fiルーターが設置されており、 そこから発信される電波を端末側で受信します。 Wi-Fiルーターから距離が近ければ、 端末側の受信強度は上がります。 この受信強度から、端末の位置推定を行っています。