行事・アナウンス

ICT企業リーダによるリレー講座 2012年度第3回開催

N(株)インターネットイニシアティブ 代表取締役社長 鈴木 幸一氏

N(株)インターネットイニシアティブ 代表取締役社長 鈴木 幸一氏

 

 2012年11月30日(金)びわこ・くさつキャンパス クリエーションコアにおいて、 情報コミュニケーション学科主催、「ICT企業リーダによるリレー講座」の今年度3回目の講義が行われた。今回は株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の代表取締役社長でいらっしゃる鈴木幸一氏に「インターネットで拓く未来の社会」という題目でご講義いただいた。

 最初に日本のインターネットの草分けでいらっしゃる鈴木社長の経歴とインターネットの発展の歴史について述べられた。世界と日本のインターネットの違いについても述べられ、作った人の強い思いが日本になかったのが残念であるとおっしゃられていた。

次にアマゾンや楽天の例を用い、インターネットは社会を変えると話された一方、近年増加しているインターネットを利用した犯罪、サイバーテロの話の話をされた。その後インターネットが普及する以前ははどの国でも情報統制可能であるが現在はそれができなくなり、インターネットが国境を無くしたと説明された。

 ここで企業が使用しているインターネットのシステムに関して図解を用いて解説し、共通のシステムが多ければ多くのシステムの導入を必要としない等の説明をされた上で、クラウドの話が上がった。これからの時代は無駄なものは自分で持たずに、データセンタで保管する。例としてソーシャルゲームでは1つのゲームに400サーバを用いており、これをクラウドで管理するというものであった。

 最後に今後の話として、インターネットによる社会の変革について再度指摘され、クラウド時代における日本のインターネットの在り方を考えることの重要性について述べられた。

 講義全体を通じ寺鈴木幸一氏の熱意のこもったお話を、受講生生自身が考えて今後のインターネットと社会の変革に取り組んでいくよう求めていた点が印象的であった。


行事・アナウンス

アーカイブ